So-net無料ブログ作成
検索選択

えっ、そこで英語なの [なんとなくの話]

これもまた思いだし話。

先日ツイッターで、俳句の音韻分析の話題がでていて、ふと。

やはり十代のころだが、変だなと思ったことがある。

それは尾崎豊の歌とか、他にもいろいろ聞くと分かるけど、

日本のポップスは要所要所に意味不明の英語が挿入されてあることが多いのだ。

たとえば I love you

たとえば Dancing all the night

 たとえば トゥナイヤヤヤヤヤ ティヤ(ちがうか)

でも言いたいことは分かるだろう。

かなりの割合で、いきなり英語。

ものすごく不思議に思ったので、友達にも話題をふってみたのだが、

全然乗ってもらえなかった不完全燃焼の思い出だ。

私は真面目なので(コラ)一応英語の楽曲でもこういうことがないか検討してみたが(僅少)

英語の歌にはこういう現象はなかった。

Wooo, Yeah... ときていきなり「アイシテルウ~」と日本語で熱唱することは無かったし、

「イ~ア~ルサン~ス~」と中国語が爆裂することもない。

これ、なんでなんだろ。

こういうの日本だけなのかな、と思っていたのだけど、 

もしかするとアジアの現代歌全般にこういう傾向があるのかもしれないし、

アジアだけでなくて英語を使わない国々の歌はこういう手法を用いているのかもしれないけど

それにしても、なんでだ。