So-net無料ブログ作成
検索選択

「永(なが)」2014年 現俳新人賞応募作品 [俳句archive]

久しぶりにブログ更新。

今年も、現代俳句協会新人賞に応募した。その選後評が、今日届いた「現代俳句」10月号に載っていた。

私の作品は今回も受賞を逃したが、第一投票では最高得点を獲得していた。これは初めてのことで、正直にとても嬉しかった。いつも、一人か二人の審査員が挙げてくれるだけで終わっていたから。

少し前、ツイッターで「句集を出した者が新人賞に応募するのはどうか」という話題を目にした。私にも該当すると思ったが、けど自分は何か公な評価を獲得したわけではないし、実は句集を出してもずっと新人気分のままでいて、自分はいまだ「誰かが面白いね、といって目に留めてはくれるが荒削りで安定しない創り手」だと思っていたのだ。

しかし、今回の選評をみると「安定した力量(だが弱い作品)」とある。

このことからすると、自分はもしかするとそれこそ、先のツイッターの話題で言うような「新人」だと思われないのかもしれない。新人の定義もいろいろあると思うけれど。新人らしい新人、ではない??

そうだとしても、やっぱり賞に応募するのは楽しい。作品をまとめていくのが、苦しいけど楽しいのだ。それに、賞というものも獲ってみたい。

 

2014年現代俳句協会新人賞応募作品、下に掲載します。みてください。著作権は放棄しません、と、誰かの真似をして申し上げておきます。

 

「永(なが)」  佐々木貴子

 

あけぼのの地をぶつぶつと蕗の薹

夕桜少女らは火を舐りあう

熱の子のしずかなひかり花の雨

蕊ふるや魚のくちびる仄紅き

夕雲に蝶の一重ののこりたる

一斉に玻璃のくだけて春の光

耳にある水位白木蓮の刻

木蓮の一室ごとの水死かな

金木犀千の咀嚼の夜宙なり

四月八日いろんなかたちの空がある

木蓮の夜の兵士のほろほろと

マーガレット無数の宙を病みいたる

人体の渦のなまめきたる白夜

骨壺の重心を透く夏の海

青葉病む風の十指の遊びかな

むらさきを繙いており晩夏光

水蜜桃眉はひらりと泳ぎだす

蓬髪の劫に靡ける天の川

てのひらに吹く満月の汚れ水

百億の骨片はしる星月夜

曼珠沙華あしゆびは火をなぞりつつ

ほろほろと鱗こぼして大花野

木枯や老女は車いすを駆り

胞衣ふかく埋もれており冬林檎

じわりじわり臍をしみだす雪の闇

寒の海に光はおちておるまいか

雪ふかき産道くだる一つ火よ

こなゆきや砂金は影をうばわれて

黄泉つ火の人にまぎれし雪夜かな

あおぞらの永(なが)をうきつづける針よ

 

 

 

御感想など聞かせてください。 佐々木貴子拝

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。