So-net無料ブログ作成
検索選択

つちふるや嫌な奴との生きくらべ  藤田湘子 [俳句鑑賞]

 

 

つちふるや嫌な奴との生きくらべ  藤田湘子

 

 

 

世の中は不思議だ。害を加える側が生き伸び、根をはっていく。

いじめられた方は自信を失い、自尊感情を損なって、ずっとずっと病みっぱなしになり、社会に出ていけなくなることだって少なくない。

いじめた方はどうかというと、余程の重大事件を起こさない限り「あの人は~~・・・」等と陰口をきかれることはあっても、例えば会社なら仕事を続けそれなりに社会生活を保っていけるし、学校ならば学業を続けられて、順調に卒業し学位をおさめるだろう。

一方で、加害された方こそが全てを失っていくことが世に少なくない。

 

私の知る限り世間は、清く正しく、積極的に加害などしないでやられた方よりも、我を出して出して人を己の我に巻き込んで、病ませるほどに力をふるった方が残っていく。

考えてみれば歴史だって、迫害し、邪魔なものを駆逐した側が好き勝手なことを語り続けた結果なのだから、やっぱりこの世はどんなに「法治国家」等と建前ぶってみても、根本的には品の悪い弱肉強食世界なのである。

 

この句の「私」にも「嫌だ」と思う奴がいる。恐らくどんな人間にも「嫌だ」と思う奴がいるだろう。利害の合わないところに対立が生まれ、必ずいつもどこかで「嫌な奴」合戦が繰り広げられているのだ。

「嫌な奴」のことを考えると善良な「私」は気持ちが引っ込みそうになる。こんな奴とは関わりたくないとばかりに、自分の方こそが社会から退いて、ひきこもってしまいたくなる。

 

しかし、そんなわけにはいかない。閉じこもってしまえばこの世では負け。どんどん縮小していくのは自分自身の生なのである。

世の中にはその「嫌な奴」のために自死までしてしまう人がいる。自死は周囲の人の心に大きな影を残す。友人や恋人、親や兄弟のように親身な間柄であったなら、ずっと心に重いものを抱え生きていくことも少なくないだろう。あるいは、当の「嫌な奴」の心にも、死をもって多少の痣を残すかもしれない。

 

しかし死とは、時間とともに記憶や感情が薄れていってしまうものでもある。記憶が薄れゆくこと、それが生きる人間の側の健全な心の在り様でもあり、生きていかざるを得ない人間には必然的な心の道理ともいえる。

誰かの死によって深手を負ったとしても、多くの場合、数年もすれば記憶は生者にとっておさまりやすい色調に褪せ、描きかえられて、人は死者を忘れることはないけれど笑って日々をすごす。

そのような様を見ると、どんなに馬鹿を見ても自ら死ぬのは損だと思ったりする。

 

この句の「私」も、生死までは考えていないとしても、やはり「嫌な奴」には負けまいと思っている。「嫌な奴」大いにけっこう。「私」もあなたにとっての、あるいは「嫌な奴」となって、どこまでも生きてやろうじゃないか。

非常に重い胆力を感じる中7下5である。

 

しかし、ここで、「つちふるや」だ。

「つちふる」とは春、空から砂塵が降ること。中国大陸の黄河流域の砂や土が春風に舞い上がり、海を越えて降りしきり、ときに遠くが黄色く霞んで見えること、霾曇(よなぐもり)のことである。

この句の「私」の前に黄色くもやもやした黄砂の大気がある。嫌な奴を思い、いやさ、己もしぶとく生きてやろうと思いながらも、「私」の胸に渦巻くものは穏やかではない。黄砂のように黄色く汚れ渦巻いている。

 

あるいは、この胆力をもって眼前の霾曇を吹き飛ばしてやろうという気概があるのかもしれない。

しかし、そのいずれであっても「生きくらべ」を決意する心境とは結局のところ、「嫌な奴」に強く意識がおかれてあるのであって、そこから自由にはなっていないのだ。

強くしぶとく、善良さを犠牲にしてまでも生きてやろうとたくらむ心持はたのもしい。

しかし、一方で果たして、これでいいのだろうか。

 

 

そんな、人間(じんかん)に生きるリアルな人間の様を思わせる句だ。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。