So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

岡村知昭句集「然るべく」 [俳句鑑賞]

こんにちは。佐々木貴子です。

ブログアップは久しぶり…もしかして「死んだ」と思ってましたか。

ほっほっほ、生きてます。

 

今日は岡村知昭さんの第一句集「然るべく」についてご紹介します。

まず、個人的にその詩情好きだな、という句群がこちら。



 

  あわゆきぞ人魚のおはなしの途中


朝顔の藍に飼われる鬼子かな


八月の雨より国のおびただし


しゃべれなくなり冬空を熱気球


青銅の犀と暮らせば春日向


卒業式中止の水玉の空よ



 


また、上掲のような私の好み如何に関わらず、岡村さんの句集には独特の個性のあるように感じました。

その個性とはまず一つは、「俗性」をさらっと取り入れてくるところです。

言葉の選び方をみていると自然と感じられます。

単に客観的事実・社会的事象という俗性だけでなく、「個人の・人間的な・主観の」要素もさらっと入れて、ひょうひょうとした語り口の中にユーモアを描くような。

言葉のすりかわりの意外性の中に人間生活と、内的世界を彷彿とさせるような。



 

 おにぎりやかつての村の梅匂う

  ぜんぶ賛成ひなあられこぼしつつ

  年上のすべり台なり夕桜

  砂浜に聖子少々麦の秋

  校倉のかたつむりなら私なら

  八月が入りきらない母屋かな

  鎮魂がパンティストッキング干す

  液状化恐れぬベビーカーたちよ

  雨音や斜塔を妻といたしたく

  男尊女卑をふりかけにまで言われたり

  ふたことめには倫敦の寒の鯉

  ついに泣き三連休の交差点

  つちふれり大声さらに涙声

  朝風呂や四月一日付解雇

  晩鐘よ即戦力のはなびらよ



 

岡村さんの句は、とても軽妙なリズムがあります。

集中、ほとんどの句は歯切れの良い定型を刻んでおり、漢字熟語の取り入れ方も音感・リズムの点で巧みと感じるものです。(ご本人は無意識に選んでいらっしゃるかもしれませんが)

軽妙だからこそ、逆に内的世界が生きてくるということも、あるものなのですよね。


次回作を楽しみにしております。

ご恵投、誠にありがとうございました。



 


肺胞も八手も咲くがよろしかろ  岡田一実 [俳句鑑賞]

 

 

肺胞も八手も咲くがよろしかろ  岡田一実



 



 



この句好き。



この句は批判されたりもしたと聞いたので、



じゃあなんで自分は好きなんだろ?…と思って、



考えながらほつほつ書いてみることにしました。



 



この句の面白いとこ。



一つには、肺胞も八つ手も、なんかエグい。見た目がエグい。



八つ手って、可愛いだけの植物じゃない。葉っぱがおっきくて掴まれそう。形も手みたいだ。「人」を感じさせる植物だ…。



肺胞は?もちろん、直に見たことなんてないけど、生物を習ったことがある人なら、知ってる。脈に覆われた小胞の集まりだよね…こわい。



よく見れば、八つ手の花つき方はまさに肺胞そのものじゃない?そっくり。



 



それと、も一つ。



例えばアレルギーの人は花が「咲いた」ら苦しい。



植物も、他の生き物もめいめい、それぞれの本領を発揮すると対抗線にあるものが苦しくなる。みんなただ、生きてるだけなのにね。



体の中にだって、私の都合を無視して「咲く」ものがある。



体の中で癌細胞が「咲いた」ら?



肺胞が「咲いた」ら?あの小さな袋の一つ一つが「咲いた」ら、苦しそう…。



私の体なのに、私を病ませるものが存している。なんでだろう?



私の体なのに、私と対立する細胞がある。まるで独立した一個の生命体として、体の中に間借りしているみたい。



体の中で「咲く」もの。それが私を苦しめるけど、どうもできない。



だって、咲きたいものは、みな「咲く」んでしょう。



生き物はみな、そうやって。



だから、咲いたが、よろしかろ。



 



そんな、さりげない諦めを感じて、この句が好きなのでした。



 


花むしろ [俳句エッセイ]

DSC_0022 - コピー.JPG 
 
Today was a sunny day.I went to Hirosaki Park.
Hirosaki Park has a castle and huge number of cherry blossom trees.
They are blooming now,so beautiful! 
 
And I saw a master of Haiku, he has told me how to enjoy Haiku for a long time.
He said, " This haiku which you wrote is so inetersing "
I was very glad.
 
 
 
       The earth is a little bit round
     - a mat of cherry blossom petals    Takako
 
 
 
DSC_0017 - コピー.JPG
 
今日は晴れ。弘前公園に行ってきました。 
弘前公園にはお城と膨大な数の桜の木があります。
今、桜は真っ盛り。とても綺麗!
 
そして、今日私は長年俳句を教えてくれた先生に会ってきました。
先生は、「君が書いたこの句は面白いね」と言ってくれました。
とても嬉しかったです!
 
 
     ちょっとだけ丸い地球よ花むしろ   貴子 
 
 
 
 DSC_0015 - コピー.JPG
 
 
 じゃあね! See you.

おしらせ

いろいろ考えたのですがやはり、このブログを廃止することにしました。

理由は、プロバイダそのものを解約する可能性がでてきたため。 

徐々に、処理をすすめていく予定です。 

 

お読みくださった皆様に感謝を表しつつ・・・

 


おひさしぶりです。 [なんとなくの話]

最近、なにもアップしていませんね。

今年度は忙しすぎてほとんど何もできなかった。。。

次の年度はまた、ぼちぼち何かあげていきたいですね。

今年の冬は、あたたかかった。

例年になく雪ももう、解けてきています。

雪が大変だったのは実質、1月と2月だけ。

毎年こうだったら、とても楽なのにな(笑)

 

 


~ Tran☆Ptan ~ 第29回 [~ Tran☆Ptan ~]

~ TranPtan ~

 

 

TranPtan(トラン・プタン)第29回、シーズン

No. 29 of TranPtan season3

 

ジョン・アトキンソン・グリムショウ John Atkinson Grimshaw

1836.9.6 – 1893.10.13

 

 

五光年.jpg

 

五光年先の枯野の惑星よ   貴子

-Gokounenn sakino Karenono Wakuseiyo

5 light years away- Planet of the wintry field  -Takako

 

 

幻世.jpg

 

現世や幻世や風花やまず   夜想

-Gennseiya Gennseiya Kazabana Yamazu

This life and transient life – The snow such as the petal never stops -Yasow         

 

 

(※クリックすると大きくなります)

 

英訳・佐々木貴子

 

Takako translated.


~ Tran☆Ptan ~ 第28回 [~ Tran☆Ptan ~]

~ TranPtan ~

 

 

TranPtan(トラン・プタン)第28回、シーズン

No. 28 of TranPtan season3

 

 

ラウル・デュフィ Raoul Dufy

1877.6.3 – 1953.3.23

 

 

 waltzing.jpg 

 

waltzing Matilda,waltzing Matilda  雪蒼む   貴子

waltzing Matilda,waltzing Matilda –blue snow  -Takako

 

 

 

嬉遊曲.jpg

 

横顔が壁になる夜の嬉遊曲   夜想

Divertimento in the night -A profile becomes the wall -Yasow

 

 

(※クリックすると大きくなります)

 

英訳・佐々木貴子

Takako translated.

 

 


~ Tran☆Ptan ~ 第27回 [~ Tran☆Ptan ~]

~ TranPtan ~



TranPtan(トラン・プタン)第27回、シーズン

No. 27 of TranPtan season3

 

 

横山大観 Taikan Yokoyama

1868.11.2 – 1958.2.26




 

常おとめ(朱).jpg 

 

常おとめ野の一切はうたわずに  夜想

Eternal girl - Everything of the fields don't sing  -Yasow

 

 

 

黒磁の宙.jpg 

 

一枚の黒磁の宙やみひらかれ  貴子

The eyes opened wide - the space of black pottery   -Takako



 

(※クリックすると大きくなります)


 

英訳・佐々木貴子

Takako translated.


 


~ Tran☆Ptan ~ 第11回 [~ Tran☆Ptan ~]

~ TranPtan ~

 

 

TranPtan(トラン・プタン)第11回は「Jean- Jacques Henner(ジャン・ジャック・エンネル)」フランス北東部アルザス出身の画家。19世紀末アカデミーの画家として活躍した。裸婦、宗教画、肖像画にスフマートや明暗法を用いたことで知られる。

 

No.11 of Tran☆Ptan .

The artist is Jean-Jacques Henner.He was born at Alsace,in northeastern French.He succeeded in an academiy in 19’th.  He was noted for his use of sufumato and chiaroscuro in painting nudes,religious subjects and portraits.

 

 

 

⑪Takako.jpg

 

 

 

喪神.jpg 

 

 

 

 (※クリックすると大きくなります)

 

 

 

磨硝子ぼんやりと蛾が咲いている  貴子

Frosted glass / a moss is blooming dully  -Takako

喪神をかの幻日の樹の韻き  夜想 

Parhelion / I heard echo of trees while being abstracted  -Yasow

 

 

それにしても、寒くなってまいりましたねえ。   たか

 


~ Tran☆Ptan ~ 第8回 [~ Tran☆Ptan ~]

~ TranPtan ~

 

 

TranPtan(トラン・プタン)第8回は「PaulKlee(パウル・クレー)」スイスの画家。表現主義、超現実主義などのいずれにも属さない、独特の作風で知られる。

 

No.8 of Tran☆Ptan.

The artist is Paul Klee,a Swiss painter. His style is original, neighther expressionism nor surrealism.

 

 

 



 サフラン.jpg

 

 

夜の柿.jpg 



 

 

 (※クリックすると大きくなります)

 

 

古る街へサフランライスさらさらす  夜想

 Saffron rice is rustling toward the antiquated town -Yasow

心臓の狂れはじめたる夜の柿  貴子

 A beating heart of Japanese persimmon go crazy in the midnight -Takako

 





 古い街の石畳はどこかしら懐かしい感じ。これから私も、私の「古る街」弘前へ、ちょっと、行ってきます。 

 


 


前の10件 | -